埋没法で二重瞼の手術を行いました!

比較的奥二重で二重に近い感じの人や目を軽く擦ったりすると二重になるような人であれば埋没法という方法が良いと思います。
施術方法は既に目に二重のラインがある人であればそのラインの2〜4カ所くらいを肉眼では確認出来ないような細くて透明な糸を使ってまぶたの裏側で固定してラインを作る方法です。もう一つはまぶたの皮膚が厚かったり皮膚が余っていてアイプチ等でもクセがつかないくらいの人であれば部分切開、全切開の方法です。ただしこちらの方法は埋没法とは違い実際に余っているまぶたの皮膚を切開して切り離さないといけないので、埋没法のようにカウンセリングを受けてその場で施術します。って言って10分程度で終わりませんし、メスを使って皮膚を切り取るので手術になりので最初にきちんとカウンセリングを受けて自分の希望のラインを納得するまで出頭医と打ち合わせしないといけません。埋没法とは違いやり直しが効かないのが切開法です。

二重整形のメリットは?

まず、なんといっても自然的な自分の希望の二重が常に何もしなくてもキープされている事です。特にアイプチや二重シールを使って毎日、毎回二重を自分で鏡を見ながら作って出かけていた人であれがそれを一切しなくてもよくなりますし、水や汗の恐怖もなくなります。また女性は特にメイクの仕方が変わったり、施術前よりもメイクや髪型のアレンジが楽しめたりするのでそういう事もプラスになります。また施術した人は施術した事により劣等感がなくなるので色んな意味で自分に自信が持てると思います。

二重整形のデメリットは?

まずは埋没法も切開法もそうですが自分がカウンセリングの時に希望した二重のラインと実際施術後に腫れがひけてそのラインを見た時に自分の決めたラインと違うなどのトラブルは結構あると思います。人間が人間に対して行う事なので…埋没法の場合は糸で留めてあるだけなので医院によってはまた施術のし直しをしてくれる所もあると思いますが切開法に関してはこういうクレームは一切ききませんし埋没法とは違いメスを入れますのでやり直しが効かない事です。

二重整形について

私の個人的な考えや経験から言うのであれば、確かに施術後、何年かはそのラインと新しく生まれ変わった素敵な瞳をキープ出来るとは思いますが、やはり人間ですので年齢を重ねてきた際には埋没法を施術した人であれば部分切開や全切開法でまた施術し直したりとしなければいけないと思いますし、たとえ、年齢を重ねても施術当時のラインをキープ出来てたとしてもやはり人工的に作った二重ですので、いつ元に戻ってしまうんではないか?などの不安は一生付きまといますし付き合わないといけないのでメンタル面が大変だと思います。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*