ファイバーの糸で二重を作っています

一重を二重にする方法について書いてください。
一重を二重にする方法として簡単なのは、アイプチやファイバーの糸で自分で毎日二重を作る方法、一歩進んでプチ整形の埋没法、更に進むと整形手術の切開法になると思います。その他に、原始的な方法で目をこする、寝不足にするというのもありますが、それは長持ちしませんし皮膚にもあまりよくなさそうですね。現実的にまず最初に試す方法としては、ドラッグストアに置いてあって手軽に購入できるアイプチを使用する人が大多数だと思います。ただし、埋没法は短時間で終わる手術ですし、費用も最近だと安いですから、大学生が自分のバイト代でできる範囲ですので、若い女性で実は埋没法をしている人というのは意外にも多い印象です。仕上がりも自然なので、自分からカミングアウトしないかぎりわかる事もありません。
2. アイプチについて書いてください
アイプチは、目をこすると自然に二重になるという元々瞼の薄い人や、控えめに奥二重に作る程度だと自然な仕上がりなのですが、瞼の厚い人や欲張って深い二重にしようとすると、途端に不自然になり、「あ、あの人アイプチしている。」と分かってしまいます。中には、乾かす作業に失敗して白い樹脂が丸わかりの人もいます。こつは、やはり、欲張りすぎない事だと思います。一重の人が奥二重になるだけでも、目は大きく見えますから、パッチリ二重にしようとしないことだと思います。特に、二重の幅を深くとってしまうと、瞬きしても目をつむっても二重がはりついたままなので、どんなにきれいに乾かしていても、人工の二重だと分かってしまいます。その点、奥二重程度にしておけば、糊付けされた部分が相手の目に留まることも殆どなく自然な瞼の動きになります。
3. 二重にする方法について書いてください
元々目をこすれば簡単に二重になるというレベルの瞼の厚みの少ない人は、そのラインをアイプチで癖付しておけば、そのうちそのラインが癖づいて本当の二重になるという人も多くいます。しかし、瞼の厚みの厚い人にとっては難しいですし、あまりに長期に不適切にアイプチを使い続けると、瞼が緩んでしまう人もいます。ですので、そういう人には、プチ整形の埋没法もおすすめです。糸で縫うだけでメスで切ることはありませんので15分くらいで終わります。もちろん全身麻酔ではなく部分麻酔です。毎朝時間をかけて自然な二重になるように試行錯誤する準備の時間ともおさらばできます。切開法ですと、あまりに元の顔と違ってしまうので、整形したことがバレバレですが、埋没法で控えめな二重にするくらいでしたら、アイプチをずっと使っていたら二重が癖づいて使う必要がなくなった、という言い訳がすんなり通ると思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*