未分類

二重整形は、糸と針で”点”で縫っていき、その点によって瞼が二重になるようにする手術です。
糸の細さに種類があり、細ければ細いほどダウンタイムが少なく、術後の腫れが目立たないですが、料金が高くなります。
また、瞼の厚さやなりたい二重の形によって点留めの数が変わり、料金も比例して高くなります。
私の場合は瞼が厚く、末広型を希望したので、瞼の脂肪吸引を行って且つ、4点留めの手技を行いました。
実際の手技ですが、瞼と瞼の裏に麻酔注射を打たれ、その後針と糸で縫われていく感じです。麻酔注射以外の痛みはあまりなかったです。
術後はすぐに帰宅することができ、痛みどめを2日ほど飲めばまったく日常に影響はありませんでした。

 

やはり見た目が大きく変わることが最大のメリットだと思います。
私は片目だけとても目つきが悪い一重でもう片目が奥二重でアンバランスでした。小さいころからとても悩んでいたので、パッチリした末広型の目になったときは本当にうれしかったです。
周りからも印象が良くなった。明るくなったと言われました。最近では整形に対する偏見や悪い印象もあまりなく、整形したことをこそこそ隠さなくても良くなったので気軽に整形ができました。

 

二重整形のデメリットは?

二重整形の術後は2~3日腫れました。私は中くらいの値段の糸を使用したのでもう少し高性能な糸を選べばもう少し腫れはなかったかもしれません。
眼鏡などをすれば気にならないかと思いますが、片目だけ内出血してしまったので残念でした。
仕事がある方は金曜日の仕事帰りに行えば月曜日には目立たない程度に収まっていると思います。
また、料金が高かったので、お金に余裕がないとできないと思います。
しかし、一度手技を行えば永久的な効果になるので、毎回アイプチを買ったりするよりはこちらの方がお得かと思います。

 

整形と聞くと、とても敷居が高い感じがしましたが、カウンセリング当日に手技を行ってそのまま帰ることができて、最近の整形は気軽にできるものなんだと思いました、
顔をいじることになるのですごく勇気がいることですし、不安なこともたくさんあるかと思いますが、カウンセラーさんやDr.がしっかりサポートしてくれて、私は満足のいく仕上がりになって本当にやってよかったと思います。
幅に満足がいかなかったりしたら3年くらい保証が付いていて無料でやり直せる病院もあるので、悩んでいる人はぜひ勇気を出して整形の無料相談だけでも行ってほしいと思います。

モンローウィンクの口コミ>>

 

埋没法で二重瞼の手術を行いました!

比較的奥二重で二重に近い感じの人や目を軽く擦ったりすると二重になるような人であれば埋没法という方法が良いと思います。
施術方法は既に目に二重のラインがある人であればそのラインの2〜4カ所くらいを肉眼では確認出来ないような細くて透明な糸を使ってまぶたの裏側で固定してラインを作る方法です。もう一つはまぶたの皮膚が厚かったり皮膚が余っていてアイプチ等でもクセがつかないくらいの人であれば部分切開、全切開の方法です。ただしこちらの方法は埋没法とは違い実際に余っているまぶたの皮膚を切開して切り離さないといけないので、埋没法のようにカウンセリングを受けてその場で施術します。って言って10分程度で終わりませんし、メスを使って皮膚を切り取るので手術になりので最初にきちんとカウンセリングを受けて自分の希望のラインを納得するまで出頭医と打ち合わせしないといけません。埋没法とは違いやり直しが効かないのが切開法です。

二重整形のメリットは?

まず、なんといっても自然的な自分の希望の二重が常に何もしなくてもキープされている事です。特にアイプチや二重シールを使って毎日、毎回二重を自分で鏡を見ながら作って出かけていた人であれがそれを一切しなくてもよくなりますし、水や汗の恐怖もなくなります。また女性は特にメイクの仕方が変わったり、施術前よりもメイクや髪型のアレンジが楽しめたりするのでそういう事もプラスになります。また施術した人は施術した事により劣等感がなくなるので色んな意味で自分に自信が持てると思います。

二重整形のデメリットは?

まずは埋没法も切開法もそうですが自分がカウンセリングの時に希望した二重のラインと実際施術後に腫れがひけてそのラインを見た時に自分の決めたラインと違うなどのトラブルは結構あると思います。人間が人間に対して行う事なので…埋没法の場合は糸で留めてあるだけなので医院によってはまた施術のし直しをしてくれる所もあると思いますが切開法に関してはこういうクレームは一切ききませんし埋没法とは違いメスを入れますのでやり直しが効かない事です。

二重整形について

私の個人的な考えや経験から言うのであれば、確かに施術後、何年かはそのラインと新しく生まれ変わった素敵な瞳をキープ出来るとは思いますが、やはり人間ですので年齢を重ねてきた際には埋没法を施術した人であれば部分切開や全切開法でまた施術し直したりとしなければいけないと思いますし、たとえ、年齢を重ねても施術当時のラインをキープ出来てたとしてもやはり人工的に作った二重ですので、いつ元に戻ってしまうんではないか?などの不安は一生付きまといますし付き合わないといけないのでメンタル面が大変だと思います。

 

昔はアイプチが流行ったけど・・・今はアイテープ?

私は重い一重なので、アイテープで二重にすることができます。
しかしアイプチだとツッパリができ、目を閉じるととても不自然に見えアイプチしているのがバレバレになります。そしてアイテープもテープ線が光の角度で見えたりしバレてしまいがちです。
私が1番おすすめなのが、2つのつけまつげを用意します。1つ目のお気に入りのつけまつげを用意します。2つ目の太めの芯のタイプのつけまつげを用意し、毛部分を切り、芯だけにします。2つ目は芯部分しか使用しないので100円ショップの安い物で大丈夫です。
1つ目の芯部分に2つ目の芯だけのものを、つけまのりでくっつけて使用すると、芯に厚みが出て、重みを持ち自然とくっきりした二重になることができます。
2. アイプチについて書いてください
学生時代はみんなアイプチを頼りにしていました。塗って乾かすだけで二重になるなんて当時は斬新で毎日使っていました。
みんなで何のアイプチを使用してるか、何がおすすめかをよく話していました。
しかしアイプチを使用する事で、目を閉じた瞬間の不自然さ、まぶたをくっつけてる事での眼精疲労や、体育の後の汗をかくと取れてしまうのが悩みでした。
友達も彼氏といい雰囲気の時に、目を閉じてキスをする時に目のアイプチのつっぱりで白目が少し出てしまい、彼に怖いと言われた経験もあったそうです。
それにアイシャドウが付きにくくアイプチと併用ができないのが悩みでした。
なので学生時代はいいですが、大人になってからはアイプチは使用していません。
3. 二重にする方法について書いてください
学生ならアイプチやアイテープや二重線を書く用のアイラインなどプチプラで学生にも優しいのでおすすめです。
大人になってからだと、人目に出て仕事をするのに目がつっぱっていたり、テープの線が見えてしまうと、少し恥ずかしいので使用していません。
1番手っ取り早いのが、プチ整形だと思います。私は手術が怖く嫌でしていませんが、私の周りの友人の4割は目をすでに整形済みです。
化粧をとると目の大きさが違う事がコンプレックスで、彼氏とお泊まりする時や化粧でアイメイクに時間をかける事が面倒になり決意した子がほとんどでした。
目は初対面で見られる1番の部分なので、一重と二重だと印象が全然違うと思います。
私はつけまつげを2つ目使って自然に見える二重にしています。
もっと自然にキレイに二重に見える方法を常に研究しています。

ドリーミンアイリッチの口コミはこちら>>

整形手術で一重から二重になった!

二重整形は、まずカウンセリングでどのようにしたいかを、詳しく聞きます。二重にも奥二重、幅広二重など、いくつか種類があるからです。最も負担の少ない方法は、切らない二重整形(埋没法)です。極細の医療用の糸を、まぶたに埋め込む方法です。腫れが少ないので、ばれる確率が低く、施術も短時間で出来ます。糸がまぶたの内側に埋没していますので、眼球を傷つける事もありません。また、仕上がりも自然な二重で、早いうちにメイクする事も出来ます。

二重整形のメリットは?

まず一番のメリットは、15分から30分くらいと施術の時間が短いので、すぐに二重まぶたになる事が出来ます。顔の他の部分は、整形しようとすると、大掛かりなものになり、時間もかかってしまいますが、二重整形はすぐに終わり、また、費用も少なく出来ます。埋没法だと切る事をしませんので、傷も殆ど残りませんし、痛みもありません。整形と言うと、気持ちの整理が要りますが、他の部分と比べて、安心して受けられるのもメリットと言えます。

二重整形のデメリットは?

二重整形のデメリットとしては、元に戻ってしまう可能性があるという事です。埋没法で施術を受けた場合に出て来ます。元々目の開きが弱い人や、まぶたがはれぼったく、膨らんでいる人は時間が経つにつれて、戻ってしまう事があります。また、目をこするクセなどがあると、戻る原因になってしまいます。まぶたの状態により、切開法を施術する場合もあります。その場合は、腫れぼったくなる場合があり、メイクなども控えなければならなくなったりします。

二重整形について思う事

埋没法だと、自然な二重になりますので、手術を受けた事がばれにくいですが、二重の種類にもよりますが、一重から、二重になったら顔の印象が変わりますので、いつも接している人などは、分かってしまうのではないかと思われます。しかし、一重で重いまぶたを気にしている人は結構多いし、メイクなどでごまかすのにも限界があります。比較的手早く顔の印象を変えるには、二重整形は良いのではないかと思います。手術の前に信頼出来る病院かどうかを吟味し、カウンセリングをしっかり受ける事は大事な事です。

指マッサージで二重になりました!

二重にするための基本になる指マッサージです。
まず目を伏し目がちにしながら、人差し指で目頭のまぶたの皮膚を上に引っ張る。
まぶたの皮膚を持ち上げたまま、人差し指を眼球の上にある骨のうえあたりをなぞるようにしながら、目尻の方向へ人差し指を動かす。
人差し指を目尻の方まで持って行ったら、人差し指はそのまま押さえた状態で、まぶたを開けるようにすると二重まぶたのようなラインが出来るので、この状態で、5分間待つ。
基本は、1日一回、お風呂上がりから寝る前の間に行うと効果的です。
1日3回以上は、まぶたの皮膚を痛めてしまうので注意してください。
3日目くらいから二重まぶたラインのクセがつき始めて、徐々に二重まぶたが形成されてきます。
2. アイプチについて書いてください
アイプチは私もたまに使ってました。
基本の使い方は、まぶたの皮膚の皮脂や汚れを拭き取ります。
プッシャーをまぶたに軽く押し当て、二重を作るラインを決める。
コツとしては、二重幅を広くしすぎると見栄えが悪くキレイに仕上がりません。なのでまつげの生え際から5〜7ミリくらいが自然に仕上がります。
二重ラインが決まったら半目の状態で、ラインを中心にしてアイプチを半月型にムラなく薄く塗る。
塗る範囲が広いと皮膚が引っ張られて不自然になりやすいので注意!
アイプチが乾いて半透明になるまで、半目の状態でキープ。
アイプチが乾いたら二重のラインにプッシャーを軽く押し当てて、目を開ける。
目頭や目尻の方も何度か押し当てて二重の形を整える。
アイプチは初めのうちは上手いこと出来なくて、当然。
何回もやり慣れてきたら自然と二重にする幅も自分でわかってきて自然に仕上がりやすいと思います!
3. 二重にする方法について書いてください
目元のむくみをすっきりさせること、
まぶたに二重のラインの癖をつけていくことが大切。
むくみをとる方法はいくつかあります。
温冷タオルでむくみをとる方法、簡単なマッサージでむくみをとる方法、簡単なトレーニングでむくみをとる方法など様々なやり方あります。
体を温める、塩分控えめの食事を摂る、カフェイン・アルコール類を摂りすぎないなどの事もキレイな二重にする条件としてもあげられます!
二重には主に2つのタイプがあり、
日本人に多くて、自然な印象の末広型タイプ。
印象的で化粧映えばっちりの平行型タイプ。
どっちもアイプチやアイテープなどのアイテムを使えば作ることはできます!自然に仕上がるには練習あるのみですが!(笑)
あとは、美容整形手術で二重にする方法です。
埋没法と切開法があります。
手っ取り早く二重になれますが
もちろんリスクもあることを忘れないで下さい。参考サイト:ナイトアイボーテ口コミ

ファイバーの糸で二重を作っています

一重を二重にする方法について書いてください。
一重を二重にする方法として簡単なのは、アイプチやファイバーの糸で自分で毎日二重を作る方法、一歩進んでプチ整形の埋没法、更に進むと整形手術の切開法になると思います。その他に、原始的な方法で目をこする、寝不足にするというのもありますが、それは長持ちしませんし皮膚にもあまりよくなさそうですね。現実的にまず最初に試す方法としては、ドラッグストアに置いてあって手軽に購入できるアイプチを使用する人が大多数だと思います。ただし、埋没法は短時間で終わる手術ですし、費用も最近だと安いですから、大学生が自分のバイト代でできる範囲ですので、若い女性で実は埋没法をしている人というのは意外にも多い印象です。仕上がりも自然なので、自分からカミングアウトしないかぎりわかる事もありません。
2. アイプチについて書いてください
アイプチは、目をこすると自然に二重になるという元々瞼の薄い人や、控えめに奥二重に作る程度だと自然な仕上がりなのですが、瞼の厚い人や欲張って深い二重にしようとすると、途端に不自然になり、「あ、あの人アイプチしている。」と分かってしまいます。中には、乾かす作業に失敗して白い樹脂が丸わかりの人もいます。こつは、やはり、欲張りすぎない事だと思います。一重の人が奥二重になるだけでも、目は大きく見えますから、パッチリ二重にしようとしないことだと思います。特に、二重の幅を深くとってしまうと、瞬きしても目をつむっても二重がはりついたままなので、どんなにきれいに乾かしていても、人工の二重だと分かってしまいます。その点、奥二重程度にしておけば、糊付けされた部分が相手の目に留まることも殆どなく自然な瞼の動きになります。
3. 二重にする方法について書いてください
元々目をこすれば簡単に二重になるというレベルの瞼の厚みの少ない人は、そのラインをアイプチで癖付しておけば、そのうちそのラインが癖づいて本当の二重になるという人も多くいます。しかし、瞼の厚みの厚い人にとっては難しいですし、あまりに長期に不適切にアイプチを使い続けると、瞼が緩んでしまう人もいます。ですので、そういう人には、プチ整形の埋没法もおすすめです。糸で縫うだけでメスで切ることはありませんので15分くらいで終わります。もちろん全身麻酔ではなく部分麻酔です。毎朝時間をかけて自然な二重になるように試行錯誤する準備の時間ともおさらばできます。切開法ですと、あまりに元の顔と違ってしまうので、整形したことがバレバレですが、埋没法で控えめな二重にするくらいでしたら、アイプチをずっと使っていたら二重が癖づいて使う必要がなくなった、という言い訳がすんなり通ると思います。